過払い金請求が起こった理由

CMで過去にキャッシングをした方で返済を続けている方は金利が戻るかもしれません。

という言葉を聞いたことは実際に借りていない方も含め多くの方が経験済だと思います。
消費者金融とはいえ金融庁の許可を得て営業している(倒産したところもあるのでしていた)大手の会社でなぜこのような変な裁判や過払いが発生したのか。



それは、一言にグレーゾーン金利の存在です。

しっかりとしたsmanyについての情報を提供しています。

法律の解釈は本当に難しいものです。

アイフルの過払いの情報を手に入れてみませんか?

出資法の制限金利は29.2%なのに対し、金利制限法では、借入額により、15%から20%で定められています。

ここの差額がいわゆるグレーゾーンだったのですが、判決で利息の取りすぎは消費者に返さなければならないと下ったものですから一気に過払い請求が発生したわけです。


本来、貸して借りてが納得して貸借しているのですから問題ないはずですが、一度出た判決が覆るわけもなく、多くのサラ金業者は過払い金返還に応じざるを得ず、それがもとで業績悪化、最悪倒産の憂いを見ることになりました。

今でもなお、過払い金裁判が続いており(件数が多く、一つ一つはきちんと解決しています。


)これを専門に取り扱う弁護士事務所まであるくらいです。


ただし、今の景気で銀行預金利息が下がったことを考えると金利制限法の最低15%でも高すぎるというのが借り手の言い分です。

過払い金が叫ばれ、金利は一応の決着を見ましたが、現在でもキャッシングをしている人数は約1800万人と日本の人口の6分の1程度と異常な多さです。


消費者金融は一通り返済をし、請求に備え引当額を積み増していますので、今後倒産等は起りにくくなっていますが、心当たりのある人はすぐにでも請求してみることをお勧めいたします。