過払い請求には時効があります

払い過ぎた金利分を取り戻す手続きとして過払い請求があります。今まだ返済を続けている場合でも可能ですし、もうすでに借金を完済してしまっているようなときにもおこなえます。
一般的には債務整理、特に任意整理といっしょにおこなうことが多いですが、実際には過払いだけでも申請することができます。

債務整理といっしょにおこないますと個人信用情報に履歴が残りますので、その後新たに住宅ローンや車のローン、またカードローンなどを組んだりすることができないなどのデメリットがあります。

お手軽のレイクの過払い金に関する有益な情報をご紹介いたします。

ですが過払い請求だけでしたらそのようなデメリットはなく、その後もカードローンなどを利用していくことはできます。



ですので借金整理として債務整理とともにおこなうのでなければ、むしろお金が戻ってくるメリットの方が大きくなりますので、法律の専門家である弁護士などに相談しおこなうことが大切です。

ですがこの過払い請求には忘れてはならないポイントがあり、それは時効があるということです。


10年たちますと時効が成立し過払い請求ができなくなります。

どの時点から判断し10年になるかなどは専門家の判断が必要になりますので、やはり弁護士などに依頼する方が確実です。

東京新聞情報が探せます。

請求によって戻ってきたお金で借金が完済できることもありますし、また弁護士費用などを支払ってしまえることも少なくありません。
ですので、少しでも疑問に感じたらできるだけ早く手続きを依頼することが大切になります。