過払い金請求とはなにか

過払い金請求とは、払い過ぎたお金を請求することですが、一般には過払い金といえば消費者金融などから借入れを行っていたさいに法定金利を上回る金利を支払ったものを指します。

過払い金は債務者にとっては取り戻すことができるお金ですが、取り戻すためには請求しなければなりません。

過払い金が発生した時期としては、平成22年以前のことになります。それまで消費者金融ではグレーゾーン金利による貸し出しが当たり前のように行われており、グレーゾーン金利に該当すれば金利を払いすぎていたことになります。

利便性を重視した過払い請求に関する口コミ情報を募集しています。

グレーゾーン金利とは平成22年以前に存在したもので、ふたつの金利を定める法律の利率の違いを指します。

金利を定める法律としては利息制限法と出資法があり、利息制限法では10万円以下が年率20%、100万円までが年率15%、100万円以上が年率15%と上限が定められていますが、平成22年以前は罰則規定がなかったことから守らない消費者金融がほとんどでした。



一方で出資法は平成22年以前は年率29.2%と利息制限法よりも高くなっていました。出資法はこの金利を超える設定をした場合には刑事罰の対象となったため、消費者金融の多くはこの出資法の利率を根拠に金利を設定していました。

この金利差がグレーゾーン金利と呼ばれるものになります。

しかし、裁判でグレーゾーン金利が無効であるといった判決が出るようになると過払い金として請求することが可能となります。
一方でこれらの問題を解決するために現在の法律では出資法の金利が年率20%に引き下げられ、また利息制限法に違反した金利を設定した場合には貸金業法による行政罰を受ける仕組みとなっています。

日本経済新聞の最新情報をお伝えします。