過払い金請求で和解を提案された時の注意点

過払い金請求を行っていく際には貸金業者に対して連絡を取ることになりますが、そこでは過払い金の返還では無く和解金を受け取っての和解を提案されることがあります。
和解とは発生している問題に関して片方が和解金を支払うことで問題を解決する方法であり、過払い金請求においても債権者、つまり貸金業者が債務者である個人に対して和解金を支払ってその請求を解決しようと提案することがあるのです。



さて、そもそもこれについては合意するべきなのかというと、十中八九合意するべきではありません。


というのも過払い金請求で貸金業者が和解を申し出るということは「和解金を支払った方が安くつく」という事情があるからなのです。
これはつまり「債務者が損をする」という決着です。


もともと法律で支払う必要はないとされていた利息を請求してきたのは貸金業者なのですから、その申し出を受けてしまったのでは債務者が損をしてしまうだけになってしまうのです。

特に多いのが「ゼロゼロ和解」と呼ばれるタイプの和解案で、これは債務者に残債がある場合によく利用される方法です。

ゼロゼロ和解においては残債をゼロにする代わりに過払い金の返還もゼロにするという形の提案がされるために「残債がゼロになってお得だ」と勘違いしてしまいがちなのですが、これが提案される場合、払い過ぎた利息を返してもらえばそれだけで完済できる可能性が高いです。

こちらのアコムの過払い金の情報を見つけよう。

むしろ完済した後で手元に現金が残る可能性すらあるわけですから、和解を提案されても基本的には請け負わない、請け負うのであれば本当にそれが自分にとってメリットのある方法なのかどうかと言うことを考えるようにしてください。

FC2まとめの珍しい情報をご紹介しています。