過払い金請求で戻ってくる金額とは

借金問題で最近話題になっている過払い金の請求ですが、これは弁護士や司法書士の力を借りることで、スムーズに完了することが多くなっています。個人で行うこともできるものの、かなりの知識を持たなければ相手との交渉が難しいですので、素直に専門家に依頼するのがおすすめです。

魅力の高い過払い金請求についての情報をまとめたサイトです。

過払い金請求ができるパターンとは、利息制限法を超えた利息の支払いを行った時です。



利息制限法では年率の最大が20%に設定されており、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上だと15%に上限金利が設定されています。
しかし、昔の貸金業者は20%を超える出資法に基づいて金利の設定をしているケースが多く、利息制限法を超える利息の支払いをしていた利用者が多かったという事実があります。
この利息制限法を超える分の利息が発生していたなら、過払い金請求をすることで、その分のお金を返してもらうことができます。

smanyについて考察してみましょう。

ここで気をつけたいのが、元金を返済していなかった場合です。

元金を完済済みであれば、払い過ぎた利息分をそのまま取り戻すことができます。

しかし、まだ元金の返済が残っている場合には、払い過ぎた分を元金の返済分に回すため、手元に戻ってくる金額が少なくなったり、何も戻ってこない場合もあります。その代わり、返済をする義務のある元金の残高が減りますので、その後の返済が楽になるというメリットを持っています。このようなやり方は任意整理として利用する時にも、有効な手段になります。