アレンジOK!結婚式の招待状への返信マナー

大切な人と永遠の愛を誓う結婚式。

そんな結婚式への招待状が届いたら、マナーを守って返信をしましょう。まず招待状が届いたら、早めに返信をしましょう。遅くても1週間以内には返信をすること、そしてどんなに仲のよい友人であってもメールや電話で返信を済ませてはいけません。必ず送られてきた招待状の返信はがきを使いましょう。まず返信はがきの表面、宛名の「行」を二重線で消して「様」と書き直します。

「様」は大きめに書くのがよいでしょう。次に裏面の基本的な書き方ですが、どんなタイプのはがきでも「ご出席」「ご欠席」のどちらかを丸で囲むようになっています。出席の場合、「ご欠席」をすべて二重線で消します。「ご出席」の「ご」も二重線で消し、「出席」を丸で囲みます。余白部分に文字を書き足し「慶んで出席させていただきます」と文章にします。

更に余白部分にお祝いのメッセージを添えるとよいでしょう。ただし、新郎新婦の親御さんもはがきを見る可能性もあるので、砕けすぎた文章は避けて書くことをおすすめします。文字を消す時は二重線が一般的ですが、絵が得意という人は二重線のかわりにイラストでデコレーションをしてみましょう。

「ご欠席」の部分を黒く塗りつぶし新郎新婦が好きなキャラクターの形にしてみるのも良いですね。一手間かかった個性あふれる返信を受け取った新郎新婦もきっと喜んでくれるはずです。招待状が届いたときから結婚式は始まっています。招待状への返信は結婚式の最初のステップ。マナーを守って祝福をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *