結婚式でのヘアスタイルマナー

結婚式にお呼ばれした時、女性ならドレス、または振袖を着ることが多いと思います。

そこで、今回は結婚式にお呼ばれした時の女性のヘアスタイルのマナーについて紹介します。お呼ばれした時は、花嫁とかぶることと、だらしがない印象を与えることはマナー違反です。まず、花嫁とかぶるヘアスタイルについてです。気を付けたいのがヘアアクセサリです。花嫁の特権ともいわれる、ティアラや花モチーフのものは避けましょう。ティアラはもちろんですが、キラキラしたもので派手すぎるものは花嫁よりも目立ってしまいます。

また、花冠や、花を髪の毛につけることも、生花と造花のどちらとも花嫁とかぶるので避けましょう。式場を華やかにすることも大切ですが、あくまで主役は花嫁ということを意識することが大切です。次に、だらしがない印象を与える髪型についてです。ベリーショートの人はそのままでも構いませんが、肩につく程度の長さがある人は、アップスタイルにした方がいいです。

できれば美容院でセットしてもらうと、華やかにしっかりすることができます。自分でもセットできる方は構いませんが、あまりヘアセットに慣れていない方は、式の間に崩れてしまうこともあるので、プロの方にお願いした方がおススメです。また、カチューシャはカジュアルな印象を与えることがあります。つけている方も増えてきていますが、出席している方全員の印象がいいとは言えないので、避けましょう。結婚式に素敵なヘアスタイルで参加して、お祝いをしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *