由緒ある神社で本物の神主と巫女と挙げる神前式

神前式とは神社で挙げる結婚式のことです。

ありふれた式場でウェディングドレスを着るよりも、白無垢と綿帽子を着て由緒ある神社で本物の神主に挙式を挙げてほしいという女性が増えていることから、近年では神前式の人気が高まっています。普段は着られない豪華な打掛けが着られるのも和風の結婚式の醍醐味です。神前式の流れは、三管と呼ばれる笙と篳篥と龍笛の演奏の中、巫女を先導に新郎新婦と参列者が一列になって神殿へと向かう参進の儀から始まります。

いわゆる花嫁行列と呼ばれる儀です。次に、新郎新婦と参列者が心身を清める修祓の儀というお祓いを受けます。不浄なままでは、神に失礼になるためです。全員が心身を清めたら、斎主が新郎新婦の結婚を神に報告する祝詞を読み上げる祝詞奏上を行います。ここから神前式は中盤に入り、三三九度の呼び名で有名な三献の儀が行われ、新郎新婦は小中大の杯の順でお神酒をそれぞれ3回を3度、合計9回にわけて飲みます。新郎新婦が盃を交わして契りを結ぶための儀で、3と9は古代中国の陰陽思想でおめでたい陽の数です。

三三九度が終わると巫女が神楽に合わせて舞を奉納する神楽奉納が行われ、新郎新婦が神に誓いの言葉を読み上げる誓詞奏上をします。神前式後半には玉串を神に捧げる玉串奉奠を行いますが、この玉串奉奠の最後に行われる二礼二拍手一礼は神社により二礼四拍手一礼の場所もあり様々です。次に指輪の交換があり、新郎と新婦の両家の結びつきを祝う親族杯の儀が行われ、参列者全員で神酒を3口で飲みます。最後に斎主と参列者全員が神前に拝礼し、祝いの挨拶をしてから神前に拝礼をして退出し、終了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *