神前式の主な特徴とは

神前式とは日本の伝統的な挙式スタイルで、神様に二人の結婚を報告するというものです。

神社やホテル、結婚式場内に設けられた神殿などの祭祀施設に祀られた神様の前で儀式を執り行い、夫婦になるための誓いを立てるのです。一般的には夫婦円満の神として知られる天照大御神の父母、伊邪那岐、伊邪那美が祀られていることが多く、会場によっては厳粛な雰囲気を醸し出すために雅楽の演奏や巫女舞を施す場合もあります。神前式が執り行われている最中は、私語などは厳禁とされ会場内は厳粛な雰囲気に包まれます。

参列者が揃って起立や着席、礼などを行う機会が多く、小さい子供や高齢者には厳しい環境になる場合があるので注意しましょう。神前式では儀式の中で決められた所作や誓いなどを、新郎新婦が協力して行う事によって改めて夫婦となる絆を再認識できるといった特徴があり、そればかりではなく家と家とのつながりを重んじる要素が儀式の中に盛り込まれていて、杯を重ねる事で両家の絆をより固いものとする「親族固めの杯」といった物もあります。

神前式での服装は、新郎は基本的に五つ紋付き羽織袴の一種類で、新婦は白無垢に綿帽子の組み合わせや色打掛に角隠しの組み合わせ、黒引き振り袖に角隠しの組み合わせなどがあります。挙式会場によっては神前式であっても洋装が認められる場合もありますが、新婦は極力肌の露出を控えたドレスや服を選ぶようにし、新郎もそれに合わせてタキシードなどを選ぶのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *