伝統的な日本式スタイルが逆に新鮮な神前式

神前式は神道をベースに日本の伝統的なしきたりに沿って執り行う結婚式、欧米風の挙式スタイルも取り入れられています。

起源とされているのが、明治33年に大正天皇が日比谷大神宮〔東京大神宮〕で執り行われたご成婚の儀で、第2次大戦の後から広く一般でも行われるようになったのです。堅苦しい印象をもたれる傾向がありましたが、近年では伝統を重んじる厳かな雰囲気が逆に新鮮に感じられたり、洋装を取り入れたモダンで可愛い着物も増え、純白の白無垢にあこがれる花嫁も多いことから、神前式を選ぶカップルは増えています。

親族しか列席できないイメージがありますが、大きくて広さがある神社なら親族以外の親しい友人も参列することができます。神前結婚式に対応した式場やホテルも多いので、近隣に広い神社がなくても挙式できます。静かなブームの神前式は、新郎新婦の要望や様々なニーズに対応するプランが用意されており、着物のレンタル料金や着付け料込みのお得なプランや、通常は3~5万円かかる雅楽の演奏が無料サービスもあります。

特別なプレミアム感が味わえる、平安貴族さながらの十二単の花嫁と束帯姿の新郎で式があげられるプランもあるのです。興味はあっても雰囲気や式の流れが分からないというカップルには、模擬神前式の見学がおすすめ。神社や式場で行われており事前に予約すれば、式を間近で見学できます。当日そのままの式を再現する、模擬挙式を実施している神社もあるので、さらに細かくチェックすることもできるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *