雅楽の奏でる音色の中を進む花嫁行列も魅力の神前式

日本古来の伝統的スタイルで行われる挙式を希望するのであれば、迷う頃なく結婚式は神前式で決まりです。

恋に落ちた二人がやがて結婚を決意することになり、新しい人生の門出を迎えますが、特に日本人の場合は結婚というのは、二人だけのことではないと考える傾向が強いです。結婚はお家同士の結びつきであり、双方の親や親族のことまで考えてというのが、日本人ならではの根本にある考え方でもあります。昔臭いと感じるカップルは、それはそれで流行りの挙式が向いていますし、お家同士の結びつきに重点を置いて考えているカップルであれば、神前式はまさにぴったりの挙式です。

洋風のチャペルウェディングとは違い神前式の場合は、格調高い厳かな雰囲気で行われます。華やかで派手なムードではなく、雅楽の奏でる音色が響き渡る中、和装の二人が静かに進行をする花嫁行列の参進は緊張感もあるものです。大変厳かなムードに包まれていますが、新たな家族との人生の幕開けという思いをより深くさせてくれます。

袴姿の新婦と白無垢姿の花嫁二人で、力を合わせてする儀式が多いため緊張感がありますが、その儀式は生涯忘れがたいものとなるので、これも良い思い出です。フリルなどの派手なウェディングを着用するのも良いですが、綿帽子に白無垢姿の花嫁衣装はまさに正統派の和装花嫁姿ですし、大人の雰囲気を醸し出す黒引き振袖で決めることもできます。選べる柄もとても多いですから、この日のために心が惹かれる一着を見つけることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *