神前式は身近な神に誓う結婚式

結婚式も多様化してさまざまなタイプがありますが、神や参列者に誓うことが基本です。

中でも式の重みを感じることができる、人と少し違った式で記憶に残したい方に人気なのが神前式です。神前式は神道、つまり神社で挙げる結婚式ですのでいつもは入れない神の前で誓えるので貴重な体験ができます。もちろん、神社の境内ではなくホテルの式場などでも式を挙げることができるので希望すれば誰でも利用できます。

ただ、あまりなじみがない式の流れなのでしきたりもわからないことが多いでしょう。しかし、そんな時でも事前に教えてもらえますし、通常の式と同じようにプロのメイクや着付けもしてもらえるので不便なことはありません。式に参加する方にとってもいつもは体験できない式で、入れない場所に参列できるので気持ちも引き締まります。新郎新婦は基本的には和装ですから、いつもとは違った雰囲気の二人を見ることができていつまでも記憶に残ります。

式自体はそう長くはないですから、参列者にも負担にはなりません。日本人は神道は意識しないだけで身近な存在です。神社は人々の集まりの場にもなっていますし、お宮参りや初詣や旅先で一宮に行ったりと神前式はごく自然な結婚式の選択肢になります。意外と身近なので、今一度、印象的な式にするために選択肢にしましょう。見学会や相談会に参加してイメージを膨らませて、気持ちの引き締まる人生の晴れの舞台に最適な場として選ぶといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *