憧れの白無垢で挙げる神前式

白無垢の花嫁姿に憧れる方も多いのではないでしょうか?厳かな雰囲気と日本の伝統的な神前式は「和」テイストの挙式スタイルとして根強い人気があります。

神前式は、室町時代の武家の婚礼が起源と言われています。武家の結婚式は「合杯の礼」というシンプルな儀式で「陰の式」と呼ばれるものと、3日後の「親族固めの杯」を交わす華やかな儀式の「陽の式」と2つの儀式で行われていました。

陰の式では新郎新婦と介添人や婚礼に関わる人のみが参列し、新婦は白無地の着物を着用していました。一方、陽の式では新婦は色彩豊かな着物を身につけるのが慣わしだったとされています。

武家の婚礼は、自宅の床の間のある座敷で行うのが一般的で、床の間には天照大御神や大国主などの掛け軸をかけ、お酒などが供えられていました。自宅で行われるスタイルは一般にまで浸透し明治時代まで続きます。

神社で挙式を行う現在のスタイルになったのは、大正天皇が皇太子時代に宮中賢所大前において執り行われた結婚式がきっかけとなっています。その後、第二次世界大戦後に一般にも広まっていきました。

神前式は神社で行うのが一般的です。しかし現在ではホテルや結婚式場にも仮の神殿が設けられていることが多く、神前式を挙げる場所の選択肢が増えています。

最近では、和装にアレンジを加えて新郎新婦らしい挙式スタイルにするカップルも増えています。心に残る結婚式を神前式で挙げてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *