神前式の挙式なら花嫁道中はいかがですか?

神社はお宮参りや七五三など子供の頃から馴染みの深い場所です。

また、初詣や合格祈願など訪れる機会の多いところでもあります。そんな神社で挙式を執り行う神前式は、新郎新婦はもちろんのこと、両家の家族や親族の絆を結ぶ古式ゆかしい挙式スタイルです。

白無垢での挙式や豪華絢爛な色打掛での披露宴は、人生の門出を祝う晴れの日にふさわしいものです。そして、和装の花嫁姿で歩く花嫁道中は地域との繋がりを大事にする日本の風習のひとつです。

神前式は挙式スタイルの中でも、神社の凛とした厳かな雰囲気の中で執り行われます。中には雅楽の生演奏をしてくれる神社もあります。

伝統的な神前式は、しきたりや挙式の流れが難しいというイメージがありますが、両家の繋がりを大事にしたいというカップルや和装の花嫁衣装に憧れる女性などに人気がある挙式スタイルです。

花嫁衣装も純白の白無垢から、色や柄が豊富な打掛まで和装の持つ美しさをまとうことができます。そんな神前式の挙式の演出のひとつに「花嫁道中」があります。

花嫁御寮(はなよめごりょう)とも呼ばれ、挙式前、もしくは挙式後に新郎の家まで行列をなして練り歩くものです。日本各地に残る風習で地域によって形式は様々ですが、挙式に参列した人達だけでなく新郎家の地域の人達からも広く祝福を受けられます。

厳粛な雰囲気の中で行われる神前式の挙式と、地域全体から祝福される花嫁行列は心に残る結婚式となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *