神前式の流れをチェック

日本の伝統を重んじた結婚式にしたいなら「神前結婚式/神前式」という方法があります。

神前式は神社で日本古来の神様を前にしてする結婚式のスタイルのことで、厳かな雰囲気や家と家のつながりを重視することから神前式を選ぶ人も増えています。神前式の流れを簡単に説明すると、まずは参進の儀から始まります。

雅楽の音色が流れる中を、神職と巫女に導かれて新郎新婦と両家の代表者、そして親族の順に本殿に向かいます。本殿に着くと神職が言葉を述べ、身の汚れを払う修祓の儀を行い、続いて神職が祝詞を奏上します。

祝詞では日本の神々に結婚を報告し、二人の幸せが永遠に続くように神職が祈ります。そして新郎新婦は三三九度の盃を頂きますが、これが式のひとつのクライマックスです。

三三九度では大中小の盃に神酒を注いで、二人は永遠の愛を誓います。三三九度が終わると誓詞奏上といって新郎新婦のスピーチが入りますが、この以前に指輪の交換を取り入れるカップルも増えてきました。

もともとはなかった習慣ですが、だいたい昭和30年頃からはじまったといいます。誓詞奏上がおわると玉串拝礼の時間です。神職と巫女の導きに従って拝礼を行います。

拝礼が終わると巫女が舞を奉納します。そして両家の親族にお酒を注ぎ、一斉に飲み干す親族盃の儀が行われると神前式は終了です。

あとは神職が挨拶を行い、出席者の退場があり、その後は集合写真撮影などに移ります。以上が神前結婚式の式次第です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *