日本伝統の挙式スタイル神前式とは

神前式は神社の神殿の前で結婚の儀式をする、日本らしい趣きを味わえる伝統の挙式スタイルです。

チャペルでおこなうキリスト教の教会式や自由な場所でおこなう人前式とは違い、参列するのは基本的に新郎新婦の家族・親族のみで、家と家がつながることを大事にしています。

神前式を選ぶメリットには、現代の多くの女性にとって限られた時しか着る機会のない白無垢や色打掛などの和装を着ることが出来ることが挙げられるでしょう。

とはいえ必ずしも和装でなくてはならないというわけではなく、スーツ姿の花婿・ワンピース姿の花嫁でも神社で神前式をすることは可能です。

しかしせっかくの結婚式の機会であるため、和装を選ぶ新郎新婦が多くいます。教会で挙げる教会式のメインイベントといえば指輪の交換で、昔は神社での結婚式ではおこないませんでしたが、現代では神前式でも、指輪の交換はおこなわれています。

厳かで身の引き締まるイメージのあるこの挙式スタイルは、伝統を受け継ぎながらも時代に合わせて柔軟に変化しているといえるでしょう。

初詣や厄払いなど日本人にとっていつも身近なところにある神社での神前式は、旅行を兼ねて遠方にある有名神社に出かけて挙式をするのも良いですが、馴染みのある地元の神社でおこなうのも良いものです。

子どもが生まれたら初宮参り・成長していくと七五三など、人生の節目に同じ神社に訪れると、末永く家族を見守ってもらえるような気持ちになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *