神前式の特徴とメリット

神社の神殿前で結婚の儀式をおこなう神前式は、日本の伝統的な結婚式です。

身の引き締まるような厳かな雰囲気があるなか、新郎が神前で結婚の誓いを述べる誓詞奏上をおこない、三々九度の盃で家と家の結びつきを実感できるのが特徴です。

家と家の結びつきを重視する儀式があるため、親や親類などの年配の参列者が多い場合に特に評判が良いことも多くあります。

必ずしも和装を着なくてはならない訳ではありませんが、新郎は紋付袴・新婦は白無垢や色打掛などの和装を着ることが多いのも神前式の特徴です。

普段着ることが少ない和装を楽しむことが出来るよい機会であるとともに、風情ある神社の雰囲気に合う凛とした美しさがあり、新郎新婦を引き立てます。

慣れない儀式も多いため緊張感がある一方で、神前式は格式のある挙式をすることが出来たり、心地よい厳粛な雰囲気を味わえたりできます。

雅楽の演奏や巫女の舞などを見ることが出来るなど、その場でしか体験できないことも多くあるでしょう。住まいの近くにある馴染みの神社で挙式をするのも良いですが、遠方の観光地にある神社で神前式をするのも一生の思い出に残る結婚式となるでしょう。

多くの観光客がいる有名神社では、たまたまお参りに来ている神社の参拝客に祝福してもらえることも少なくありません。

また家族や親族が集まり一緒に旅行気分も楽しめ、神前式だけでなく旅行を通して両家同士が親しくなるきっかけにすることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *