神前式の特徴と魅力とは

キリスト教式の教会で挙げる結婚式や参列者の前で結婚を誓う人前式と並び、現代の日本で人気のある神前式は日本伝統の挙式スタイルで、神社の神殿の前で結婚の儀式をおこなうのが特徴です。

花嫁は白無垢や色打掛、花婿は紋付袴といった和装を着用し、日本らしい風情のある花嫁行列や神殿前での三々九度の儀式などをします。

神社の神殿の前でおこなう神前式をするために、自分たちに馴染みのある住まいに近い場所にある神社を選ぶことができるのはもちろん、遠方にある有名な神社を選んで挙式をすることもでき、新郎新婦や親などの好みによって選ぶことも可能です。

しかし神前式は必ずしも一般的な神社でしなくてはならないものではありません。結婚式に対応しているホテルや専門の結婚式場では、敷地内に神社の神殿が備わっているところもあります。

こういった会場を選ぶことで、ホテルや専門式場の便利さがありながら、伝統的な日本らしい挙式をすることができるでしょう。

神前式の魅力には、白無垢や色打掛などの和装を楽しめるほか、神社ならではの厳かな雰囲気があるなか結婚の儀式を体験できるということが挙げられます。

新郎新婦同士の結婚という意味だけでなく家同士の結びつきを感じられるため、親や親族ゲストなどでも年配の参列者が多い場合には、喜ばれることが多い挙式スタイルです。また神社での神前式は他の挙式スタイルよりも、比較的安く結婚式が出来ることも多い点も魅力のひとつでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *