日本ならではの格式を感じさせる神前式

白無垢姿の新婦に紋付羽織袴の新郎、日本ならではの伝統的な衣装としきたりを取り入れた神前式を挙げるカップルが増えています。

数百年の歴史と伝統ある神社で執り行う神前式が人気、格式の高さを感じさせる荘厳な空間で交わす、一生をともに過ごすことを契る三三九度の杯は一生忘れられない貴重な体験、実際に式を挙げたカップルや参列したゲストからの評価も高いのです。

神前式が一般的になったのは昭和に入ってからで、およそ100年前の明治33年に日比谷大神宮〔東京大神宮〕で行われた大正天皇の結婚式が起源といわれます。現在行われている神前結婚式は、欧米の結婚式を神道をベースに日本風にアレンジされたもの。

神社だけでなく神前結婚式に対応したホテルや結婚式場でもあげられています。神社であげる式は神社ならではの神聖な空気とロケーションで、心に残る唯一無二の記憶になり、ホテルや結婚式場であげる神前結婚式は天候を気にすることなく、ご年配の参列者の移動が楽というメリットがあるのです。

神前式の人気の理由の1つは、挙式費用がリーズナブルなこと。神さまに納める玉串料の相場は5~10万円で挙式費用は、雅楽の生演奏などを含めて総額で約20万円。

衣装のレンタル料金などもかかりますが洋式の結婚式よりは比較的安く、衣装代を含めたパックプランを利用すれば、さらにお得に費用を抑えることもできるのです。

神前式の魅力は何といっても純白の白無垢の花嫁、白は日本古来から神聖とされてきた色です。最も格が高い花嫁衣装が白無垢、白には嫁ぎ先の色に染まるという意味も込められており新しい人生の門出を相応しく、幸せな花嫁を清らかに彩ってくれるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *