神前式の会場を選ぶときのポイント

神社の神殿の前で結婚の儀式をおこなう神前式は、家と家を結びつけるという意味があります。

そのため現代でも新郎新婦の家族と親族のみが参列するのが一般的ですが、会場によっては新郎新婦の友人や知人も参列出来ることもあります。

新郎新婦の身近にある思い入れのある神社や、観光地にある憧れの神社はもちろん、他にも神殿の備え付けがある結婚式の専門式場や、敷地内に神殿のあるホテルなども会場として利用できますが、多くの場合一般的な神社では親族のみの参列で、友人や知人が参列できる可能性があるのは専門式場やホテルでの神前式です。

神前式は近年再び注目され人気を集めている挙式スタイルではありますが、親族しか参列できないことが多いため、チャペルでのキリスト教式や宗教儀式のない人前式ほど参列した経験があるというひとは少ないでしょう。そのため、神前式の流れや決まりを知らない人も少なくありません。

他の挙式スタイルでの結婚式をするか神社の神殿での挙式にするか迷っている場合には、和婚に対応しているブライダルフェアに行ってみるのもおすすめです。

神前式の後には、披露宴をしたり皆が集まって会食をしたりということもできますが、どのようにするかは挙式会場選びにも影響します。

併設の披露宴会場がある神社では移動距離がそれほどありませんが、ない場合は大勢での移動手段を考えておく必要があります。専門式場やホテルは大抵同じ建物内なので移動は楽です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *