日本伝統の挙式・神前式の魅力

神社の神殿の前で結婚の儀式をおこなう神前式は、大正天皇のご成婚を起源とする日本伝統の挙式スタイルです。

ウエディングドレスを着てチャペルでおこなうキリスト教式や、参列者の前で結婚を誓う宗教儀式のない人前式と並んで、現代の日本で人気のある挙式スタイルのひとつです。

住まいの近くにある神社や地方の観光地にある有名神社でもこの神前式はすることが可能であるほか、結婚式に対応している全国のホテルや専門の結婚式場でも、この日本人らしい伝統の結婚式をすることはできます。

神社の神殿での結婚式というと和装を思い浮かべる人も多く、女性は髪を結い上げ白無垢や色打掛を着用し新郎は紋付袴を着用するなど、神前式は普段和服を着ない人も日本人らしい和装をすることが出来るよい機会です。

またこのスタイルの挙式では、趣きある音色が魅力の雅楽が生演奏されたり、巫女による美しい舞の奉納がおこなわれたりもします。

挙式のために神殿に向かう際には、風情ある花嫁行列もおこなわれるなど神前式でしか体験できない儀式があるのも魅力です。

誓詞奏上では神殿の前で新郎が結婚を誓う言葉を読み上げ三々九度の盃の儀式では盃をかわし、家と家の結びつきを実感することが出来るでしょう。住まいに近い神社で神前式をしたら、その後も人生の節目ごとに訪れる機会も少なくありません。

子どもが生まれたら初宮参りに訪れ、その後成長したら七五三など、訪れるたびに良き日の思い出がよみがえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *